水素水の水素濃度の測り方、調べ方

水素水の濃度とは?

水素水に含まれる水素分子は非常に小さいため、水素水の中の水素分子は、水素水を作った先から水から出て行ってしまいます。

水素水は作りたての水素水をさっとのむことがおすすめです。

水素水の作り方は、2通りあります。水素水サーバー(電気分解装置)で水素水を作る、水素水生成マグネシウムすてぃくを水に入れて水素水を作る。

どちらも水素水を作りますが、その濃度は実際どうなのでしょう。
水素分子が水に溶けることができる水素濃度は、1.2ppm程度と言われています。

自分が作った水素水、購入した水素水はどのくらいの濃度があるのか確かめてみたいものです。

水素水濃度を測る方法

水素水の濃度を測る器具はいくつか紹介されています。
お手軽に水素水濃度を測る方法と、お高いですがしっかりと一目で水素水濃度がわかる測定器を紹介します。

もっともお手軽に水素水の濃度が図れるのは、試薬で水素水濃度を測る方法です。

プロ仕様の水素水濃度計測器はこちら。



水素水濃度が一目でわかるデジタル水素水濃度測定器はこちら。


水素水の作り方。水素水サーバー最安値で徹底比較
◆水素水サーバー最安値で徹底比較はこちら◆


水素水の作り方 > 水素水の水素濃度の測り方、調べ方