水素水って何ががいいの?水素水ってどれがいいの?

水素水って何がいいの?

老化防止、あらゆる病気の予防に注目されている水素水。
何がそんなに良いのでしょう。

水素水の一番の特徴は、最も小さい分子が体の隅々までいきわたり、体の酸化を防ぐということです。

抗酸化作用のある物質は美容品や化粧品ではビタミンCが注目されていましたが、水素はビタミンCが行き届かなかった体の細部まで入り込んで、酸化を防止することができます。

例えば、脳や卵子、精子にまでも十分行き届くことができます。

水素を体にたっぷり取り入れるには、水素水を飲むことと、水素風呂に入ることです。

水素水ってどれがいいの?

では、水素を体に取り入れるための水素水を飲むこと、水素風呂に入ること、どちらが良いのでしょう?

どちらも良いです。

時間があれば、水素風呂に7分以上たっぷりつかって、湯上りに水素水を飲むというのが最高です。

そして、飲む水素水の濃度は高濃度水素水で作りたてのものを飲みましょう。

飲む水素水と、水素風呂のおすすめはこちら

◆飲む水素水を水道水から作る方法

◆水素風呂に入る方法

 


永久的に水素水を作れる
水素茶ボトル


水素水の作り方 > 水素水 > 水素水って何ががいいの?水素水ってどれがいいの?