SHIHO(しほ)の水素水、水素水濃度は?

もでるのSHIHOさんがCMで紹介している、水素水生成器、トリムイオンハイパーは、常時水素濃度が表示され、水道蛇口から直結で水素水を飲むことができます。

その水素水濃度はどれくらいなのでしょう?

通常時が0.3ppm ターボに切り替えるとそれ以上と言われていますが、もともとメモリが1.0以上ないので、高濃度水素水は期待できないようです。

水素水を使った医療での臨床実験がますます進んでいますが、その実験で使っている水素水の濃度は0.8ppm以上の高濃度水素水が使われているのが一般的です。
最近は、10万円を切った価格で1.2ppm以上の水素水生成器、水素水サーバーも発売されていますし。2000円を切った価格で高濃度水素水1.2ppm以上の水素水生成マグネシウムスティックも発売されています。

初めての水素水を体験される方、どんな水素水生成器、水素水サーバーが合っているのか、水素水生成マグネシウムスティックのほうが合っているのか、価格や1ℓの水素水単価、デザイン、水素水濃度を中心に確認してお選びいただくことをお勧めします。

水素水の作り方、水素水生成器と水素水生成マグネシウムスティックの比較はこちら


永久的に水素水を作れる
水素茶ボトル


水素水の作り方 > 水素水 > SHIHO(しほ)の水素水、水素水濃度は?