福島の甲状腺がん103人確定。水素水で予防はできなかったのか。

「甲状腺がん新たに16人 福島の子、確定は103人に」というニュースが5月18日に発表されました。

被ばく被害は、体内の水と放射線が反応し、大量の活性酸素を生じることによっておこります。この活性酸素が癌化することから、福島の原発事故の後、癌、特に甲状腺がんの症状を発症する人が増えていることが問題になっています。

一つの県の子供に103人の甲状腺がんが確定するというのは異常なことです。

水素水は体内の活性酸素を除去することから、被ばく被害を軽減できるという研究が進んでいます。水素水研究の第一人者太田成男先生は、福島の事故があった時、水素水を作る水素水生成器を寄付するという申し出をしたそうですが、その被害を公に認めることを避けるという理由で受け入れられなかったということがあったそうです。

参考文献:水素水とサビない身体(太田成男)

体内の活性酸素を除去し、被ばく被害を軽減できる水素水。
食品による内部被ばくも避けられない時代が続く中、水素水での被ばく被害予防は大変注目されています。

飲んでいる水を水素水に変えるだけ、水素風呂に入るだけ。

それだけで被ばく被害の予防、軽減ができる水素水を体内に取り入れることができます。

水素水の作り方、水素風呂の入り方はこちらです。

水素水の作り方

水素風呂の入り方

 


永久的に水素水を作れる
水素茶ボトル


水素水の作り方 > 水素水 > 福島の甲状腺がん103人確定。水素水で予防はできなかったのか。