放射線被害と水素水

lgi01a201401151500放射線の害は体内で放射線と水が反応し、活性酸素が生じることによっておこります。

水素水は、活性酸素を除去するので、水素水を飲むことで放射線の被害を軽減させることができます。

癌の放射線治療による副作用も軽減させることができることから、すでに医療分野での水素水の利用が進んでいます。

水素水は、体内の悪玉活性酸素と結びつかない限りは、小さい分子のため身体から出て行ってしまうので、副作用は全くないということも特徴です。

目に見えない放射線の害、近くに潜んでいて避けることのできない放射線から体を守ることができるとしたら唯一水素水を毎日飲むこと、水素風呂に入ることなのでしょう。

水素水の作り方

水素風呂の入り方

参考文献:水素水とサビない身体(太田成男)


永久的に水素水を作れる
水素茶ボトル


水素水の作り方 > 水素水 > 放射線被害と水素水