水素水がパーキンソン病の進行を抑制する

水素水がパーキンソン病の進行を抑制するという実験結果が発表されました。

平均年齢62歳のパーキンソン病患者男女17名に、水素水濃度0.8ppmの水素水を一日1ℓ摂取するという実験で、パーキンソン病の病状の進行を抑制する作用があることが認められました。

参考文献:Pilot Study of H2 Therapy in Parkinson’s Disease: A randomized Double-Blind Placebo-Controlled Trial

パーキンソン病の進行は、酸化ストレスが関与していることが知られています。
水素水は、その酸化を防ぐことができる効果から得られた実験結果ということなのでしょう。

水素巣の医療分野の実験は次々に行われています。


永久的に水素水を作れる
水素茶ボトル


水素水の作り方 > 水素水 > 水素水がパーキンソン病の進行を抑制する