水素水とミトコンドリア

ミトコンドリアって何?

ミトコンドリアとは、細胞の中にある小器官で、細胞全体の10%〜20%を占め、その役割は「エネルギー」を作り出すことです。

ミトコンドリアの作るエネルギーは、体を動かしたり、体の臓器を動かしたり、考えたり、熱を発生させたりしています。

ミトコンドリアは、エネルギーを作るために酸素を使います。
体内に取り込まれた酸素のうち1〜2%ほどはエネルギーを作る過程で体に有害な物質に変わってしまいます。それが「活性酸素」です。

老化やあらゆる病気の原因はこの活性酸素による物だと言われています。

参考文献:水素水とサビない体

活性酸素と水素分子

この活性酸素を除去することができるもっとも小さな分子で体の隅々まで行き渡ることができるのが、水素なのです。

水素分子がたっぷり含まれた作り立ての濃度の高い水素水を飲むこと、水素風呂に入ることで体に水素をいきわたらせ、体中に生じた活性酸素を除去することができるのです。

水素水はミトコンドリアがエネルギーを作る際に作ってしまう体に有害な活性酸素を除去することができます。

高濃度水素水を飲むこと、水素風呂に入ることで体に水素分子を取り入れてみましょう。

水素分子は、活性酸素を除去するだけでなく、炎症を押さえたり、エネルギー代謝をよくすることがわかってきています。

◆水素風呂の入り方はこちら

◆水素水を作る、水素水サーバー、水素水生成器徹底比較はこちら


永久的に水素水を作れる
水素茶ボトル


水素水の作り方 > 水素水 > 水素水とミトコンドリア