水素水の作り方を比較してみた

水素水の作り方はいろいろあります。

  • 家族で自宅で飲む水素水の作り方
  • 業務用でお客様に提供する場合の水素水の作り方
  • 1人でとにかく水素水を安く試してみたい人向けの水素水の作り方
  • 職場や事務、屋外に携帯して持ちくための水素水の作り方

それぞれ、水素水の作り方は違うので、水素水の作り方を比較してみました。

自宅で家族と飲む水素水の作り方

水素水は1人一日700ml以上飲むことが進められています。
家族で飲むとしたら、一度に短い時間で作れる水素水サーバー(水素水生成器)がおすすめです。

水素水サーバー徹底比較はこちら

業務用で水素水をお客様に提供する場合の水素水の作り方

水素水は大変注目されていますから、お客様に水素水を提供するには、定額制でいくら使っても同じ価格だと安心です。
ジムやヨガ教室、ホットヨガ、ボクシング、マラソン、ウォーキング教室、整骨院、マッサージ店、エステなどに水素水サーバーがあると嬉しいですね。

安心定額制!業務用水素水サーバーはこちら

1人でとにかく安く水素水を試してみたい人向けの水素水の作り方

とにかく安く水素水を試してみたいという方には、水素水生成マグネシウムスティックがおすすめです。
水の入ったペットボトルに水素水生成マグネシウムを2時間以上入れておくだけで水素水が作れます。
水素水生成マグネシウムスティック自体はそれほど高くないので、安く水素水を導入することができます。

700ml15円!お安く水素水を始められる、水素水生成マグネシウムスティックはこちら

携帯用、持ち歩き用、水素水の作り方

水素水に含まれる水素分子は非常に小さいので、水素水を作るとすぐに自ら水素分子がなくなっていきます。
職場や事務に携帯する水素水は、水素分子がなくなってしまわないように持ちあるくことが大切です。

水素分子はペットボトルやプラスチックからも逃げてしまうので、ステンレスやアルミボトルにピッタリの水を入れ、常時水素を発生させるタイプの水素水生成マグネシウムスティックを使用することをお勧めします。

持ち歩きに便利!水素を常時発生させている水素水生成マグネシウムスティックはこちら


永久的に水素水を作れる
水素茶ボトル


水素水の作り方 > 水素水 > 水素水の作り方を比較してみた