「水素水洗顔」の方法と水素水の作り方

水素水に含まれる水素水分子は、活性酸素を除去する抗酸化作用があります。
抗酸化作用で代表的なのはビタミンCですが、水素分子に比べるとビタミンCの分子は非常に大きいため、水素水分子は、ビタミンCでは効果が得られなかった体の隅々まで浸透して活性酸素を除去することができます。

水素分子はビタミンCよりも抗酸化作用は弱く、活性酸素と結びつく力が弱いため、酸化力の強い悪玉活性酸素とより反応しやすく、悪玉活性酸素を除去できるといわれています。

参考文献:ウォルター先生の水素の話

水素水洗顔で活性酸素を除去する水素水洗顔の仕方

1.水素水洗顔用の水素水を常備する

水素水の中の水素水分子は非常に小さいため、水からすぐに出て行ってしまいます。
ですから作りたての濃度の高い水素水を常時作っておくことをお勧めします。

水素水洗顔用の水素水を作る
おすすめの水素水生成マグネシウムスティックはこちら
mpb3

2.作った水素水を洗面器に入れて水素水で顔を包み込むようにゆっくり洗顔

メイク落としをした後、常備しておいた水素水を洗面器に入れてゆっくり顔を包み込むように水素水で洗顔します。
水素水をたっぷりと顔に含ませるようなイメージです。

ばちゃばちゃジャブジャブと音を立てて顔にかけるように洗顔をすると、水素水の中の水素分子は非常に小さいので自らすぐに出ていってしまいます。
ゆっくり水素水をすくって顔に含ませる。
これを1,2分ゆっくり続けます。50回ほどできればよいですね。
十分に水素水を作れるのであれば、洗面器に顔をつけるというのもよいでしょう。

HT089_L

3.水素水洗顔後はタオルでふき取らない

しっかり顔に含ませた水素水は洗顔後タオルでふき取らず自然に皮膚になじんでいくのを待ちましょう。
水素水洗顔の後は、化粧水や乳液などいつものスキンケアを行ってもよいですが、過度なスキンケアは肌の自然治癒力を弱めます。
水素水は肌のコラーゲンを作るのを助ける効果があるため自然治癒力の保湿力もサポートしてくれます。
乾燥がひどければオイルをプラスする程度で水素水のみでのスキンケアを目指すことをお勧めします。

参考文献
水素豊富電解温水は繊維芽細胞の1型コラーゲンの産生と酸化ストレス抑制、ケラチン生成細胞の細胞障害の抑制を伴って紫外線照射によるシワの形成を軽減する(S. Kato et al. 所属機関:広島県立大、中国電気工業)


水素水の作り方。水素水サーバー最安値で徹底比較
◆水素水サーバー最安値で徹底比較はこちら◆


水素水の作り方 > 水素水 > 「水素水洗顔」の方法と水素水の作り方