水素水を作る方法

水素水を作る、水素水の作り方は大きく分けて2つあります。

  • 水素水生成スティックを使う
  • 水素水サーバー(水素水生成器)を使う(電気分解装置・水素水生成器)

それぞれ特徴があります。

水素水を作る方法:水素水生成スティックで水素水を作る

水道水や水道水を浄水したお水、ミネラルウォーターなどを市販の水素水生成スティックをペットボトルなどに数時間入れ、水素水を作ります。
水素水生成スティックはマグネシウムを反応させて水素を発生させます。
マグネシウムははごく薄いものなので体に影響はありません。
出先やスポーツなどで飲む場合な持ち歩き、携帯ができ、水素濃度も変わらないのでお勧めです。

水素水を作る水素水生成スティックのオススメはこちら

水素水を作る方法:水素水サーバー(水素水生成器)(電気分解装置・水素水生成器)で水素水を作る

水素水サーバー(水素水生成器)なら水道水や水道水を浄水したお水、ミネラルウォーターから数分で水素水を作ることができます。
作った水素水は自ら水素が逃げて行ってしまうので、ペットボトルや蓋の空いたガラスの入れ物ではなく、アルミパウチのような密封できるものに保存する必要があります。

作りたての水素水を一度に飲んだり、家族で水素水を飲むなら一度にたくさん作れるこちらの方法をお勧めします。

水素水サーバー徹底比較はこちら


永久的に水素水を作れる
水素茶ボトル


水素水の作り方 > 水素水 > 水素水を作る方法