自宅で作る!水素水の作り方

水素は非常に分子が小さいため、水に溶けてもすぐにな水から出てなくなってしまいます。
ですから、作りたての水素水をできるだけ水素濃度の高い状態で一度に飲むことが最も良い方法です。

自宅で作りたての水素水の作り方は2つあります。

  1. 水素水生成スティックを水に入れて水素水を作る
    マグネシウムスティックをペットボトルなどの水に入れて数時間後に水素水ができます。
    水筒やペットボトルに入れられて水素濃度を保てるので、持ち歩き、携帯に便利。
    作るのに時間がかかるので、自宅ですぐに飲みたい場合は、以下の電気分解装置で水素水を作ることがおすすめです。
    水素水を作る水素水生成スティックのオススメはこちら
  2. 水素水生成器や水素水サーバー、で電気分解装置して水素水を作る
    電気分解装置の水素水生成器や水素水サーバーでは自宅で短時間でで水素水を作ることができます。
    コップやプラスチックのボトル、入れ物に空気層が多いサーバーなどに入れておくと、水素が水からなくなってしまいます。
    保存は、密封できるアルミパウチやステンレスのボトルに満量入れてします。
    水素水は少量少しずつ飲むより一度に適量を飲むの飲み方が良いといわれていますので、作った水素水は、作りたてのうちに適量一度に飲み切る飲み方をお勧めします。

永久的に水素水を作れる
水素茶ボトル


水素水の作り方 > 水素水 > 自宅で作る!水素水の作り方