水素水とは

水素水の保存方法水素水とは、水素分子を含む水のことです。
水素分子は体内の水、脂に溶け、活性酸素のヒドロキシラジカル(HO・)と結びついて水(H2O)となり、体内から安全に除去します。

昨今、医療分野でも研究が進み、体内の活性酸素を除去する実証が確認され始めています。

参考文献
予防及び治療用医療ガスとしての分子水素:水素医学の始まり、発展、そしてその有用性(Shigeo Ohta 日本医大)

水素水が消去できる活性酸素について

lgi01a201401151500人が呼吸で取り入れた酸素の3%は活性酸素になるといわれています。
活性酸素は、現代社会のあらゆる原因で大量発生し、人体に害を及ぼしたり老化をすすめます。その最大の原因はストレスといわれています。

活性酸素が大量発生する原因

  • ストレス
  • 過度の運動による大量の酸素消費
  • タバコ、排気ガス、大気汚染
  • 電磁波(電子レンジ・スマートフォン・携帯電話)
  • 紫外線、放射線(レントゲン)
  • 添加物などの化学物質
  • 病原菌

活性酸素が大量発生する原因は現代社会の中でとても身近にあるものばかりです。

活性酸素が及ぼす人体への危険

過酸化脂質

活性化脂質とは、活性酸素が脂肪を酸化させ、塊のようなぼろぼろになった脂肪のことをいいます。
活性化脂質は古くなったバターのように黄色くぼろぼろとした様です。
これは、体内を正常に保つ通常の脂質とは異なるり、血管を正常にとおることができず、血管壁にこびりついたり、血管壁の中に入り込み、血管を劣化させたり詰まらせたりします。
動脈硬化や脳梗塞の原因です。

がんの発生

体内には、細胞が「がん化」する作用を抑えている制ガン遺伝子があり、誰にでも可能性のある発がんをおさせています。
活性酸素は制ガン遺伝子を破壊させる働きがあり、これによって細胞が「がん化」する可能性が高まってしまいます。水素水の効果

水素分子が含まれる水素水はを飲むと、体内の水・脂に溶け、体内の活性酸素ヒドロキシラジカル(HO・)と結びついて水(H2O)となり、排出されます。

このサイトでは、水素水を飲んで汗をかいて尿を出して、体に害や老化を及ぼす活性酸素を排出させることを目指します。



水素水の作り方。水素水サーバー最安値で徹底比較
◆水素水サーバー最安値で徹底比較はこちら◆


水素水の作り方 > 水素水とは