水素水とミトコンドリアと活性酸素

体を老化させるという活性酸素はどうやって生まれるのでしょうか。
水素水はどうやって活性酸素を除去するのでしょうか。

ヒトの体の細胞にはミトコンドリアというエネルギーを作るための器官があり、
食事で取り入れた糖分を、呼吸で取り入れた酸素で燃焼させている。

このようにエネルギーが作られるとき、電子がこぼれ、その電子が酸素結合し、活性酸素となる。

活性酸素は、善玉と悪玉があり、善玉は殺菌作用などの効果があるがこれも多くなりすぎると、悪玉に変化してしまう。
悪玉の活性酸素はなんでも酸化させて細胞を傷つけてしまう。
これが老化の現象。

水素水は、悪玉活性酸素とだけ結びついてそれを消去する力があります。
水素水によるたくさんの健康効果のはこのように起こっています。

参考文献:ウォルター先生の水素のはなし


永久的に水素水を作れる
水素茶ボトル


水素水の作り方 > 水素水 > 水素水とミトコンドリアと活性酸素