癌の放射線治療の副作用の症状を軽減する水素水

水素水で癌を小さくする研究は進んでいますが、すべてのがんに適用するわけではないので、水素水を癌の治療に使うことは今のところできないということが現実です。

癌治療の副作用の軽減、癌の予防の研究、論文は数多く発表されています。

癌の放射線治療による副作用は、放射線が体内の水と結びついて大量の活性酸素を発生させることでおこります。
水素水は、吐き気、髪が抜ける、味覚障害などの放射線治療の副作用を軽減させることができることからすでに医療現場で利用されています。

水素水の事業に力を入れている会社では、余命いくばくもない状態の末期癌が水素ガスを吸うことで完治したという体験をしている方が起業しているということも多く、そのような事例が水素水の可能性が注目されている理由でもあります。

水素水は、現在、研究や臨床実験が急ピッチで進められている段階ですが、副作用が全くないということは実証されているので、先端医療や美容分野にすでに活用されています。

癌放射線治療の副作用の軽減に、

参考文献:水素水とサビない身体(太田成男)


永久的に水素水を作れる
水素茶ボトル


水素水の作り方 > 水素水 > 癌の放射線治療の副作用の症状を軽減する水素水