老化の原因の悪玉活性酸素と戦う「水素水の作り方」

水素は分子は、老化の原因である悪玉活性酸素と結びついて、体の大切なものが酸化するのを守ってくれる役割があります。

参考文献:ウォルター先生の水素の話

老化の原因、悪玉活性酸素はどうやって発生するのか

水素水を飲むことで、体の酸化を防ぐことができますが、そもそも悪玉活性酸素はどのように作られ減らすことができないのか、悪玉活性酸素を増やさないことはできるのか、考えてみましょう。

悪玉活性酸素を減らす、増やさないためには、ミトコンドリアを増やすことが必要です。
ミトコンドリアは酸素と糖を反応させて体のエネルギーを作りますが、ミトコンドリアが少なくてオーバーワークをする状態になると、電子がこぼれやすくなる。
このこぼれた電子と酸素が結びつくと、悪玉活性酸素になり、老化の原因になります。

ミトコンドリアを増やすには

  • 姿勢をよくする
  • 適度な運動をする
  • 運動前にご飯を食べない
  • マッサージをする

など、ちょっとしたことでミトコンドリアは増えるといわれています。
すべて体に良いイメージがありますね。

ミトコンドリアをオーバーワークさせないようにするには

  • ご飯を急いで食べない
  • 過激な運動、無酸素運動を控える
  • お酒を飲みすぎない
  • タバコを吸いすぎない
  • 十分な睡眠をとる
  • 規則的な生活を心がける
  • ストレスのない生活を心がける

急にエネルギーを作る体の動きをとることで、ミトコンドリアはオーバーワークし、悪玉活性酸素が発生し、老化の原因になります。

ちょっとしたこと、体にやさしいことで、ミトコンドリアのオーバーワークを抑えて悪玉活性酸素を増やさないことができます。

水素水を作って飲むからには、悪玉活性酸素自体を体から少なくしておくことも意識できると良いですね。

水素風呂に入って、ミトコンドリアの働きのこと、ゆっくり考えてみましょう。

おすすめの水素風呂はこちら


永久的に水素水を作れる
水素茶ボトル


水素水の作り方 > 水素水 > 老化の原因の悪玉活性酸素と戦う「水素水の作り方」