活性酸素のバランスを保つ水素水

肺呼吸で取り入れた酸素の2%は活性酸素となり、体内の細菌やウィルスを除去する働きがあります。

活性酸素は体内に全くないほうがよいのではないのですが、バランスが崩れると、身体を酸化させてしまいます。

活性酸素が過剰衣発生すると身体への危険性が高いものになってしまうのです。
活性酸素は、強力な酸化作用によって、身体をさびさせ、遺伝子や細胞膜、タンパク質などを傷つけて障害を起こし、病気の原因になります。

活性酸素は全くなくても困りますが、ありすぎると危険なものです。

余分に発生した活性酸素だけを徐世する方法があるのでしょうか。

たくさんの抗酸化酵素が開発されていて、ビタミンA,C,Eやポリフェノール、カテキン、トマトのリコピンなど注目されています。
しかし、年齢とともに体内の酵素の作られる量が減るのでいくら取り入れても抗酸化作用は比例しません。

そこで水素水が注目されています。水素水は体で酵素を作ることなく、すぐに活性酸素と結びついて化学反応を起こし、水として体外に排出します。

年齢を重ねてもその効果は変わりません。

活性酸素とすぐに反応して体に優しい水になる活性水素は理想的な体に優しい抗酸化剤です。


永久的に水素水を作れる
水素茶ボトル


水素水の作り方 > 水素水 > 活性酸素のバランスを保つ水素水